治療方法

 

包茎の治療方法について

 

包茎とは亀頭が包皮に包まれていることを言います。そのままの状態にしておくと、尿や汗が溜まりやすくなり悪臭の原因となります。また、排尿障害になったり、細菌が繁殖しやすくなるため性病などのリスクが高まる恐れがあります。

 

一口に包茎と言っても様々なタイプがあります。まずは通常時は包皮に包まれているが、勃起時には亀頭が出るタイプのものを仮性包茎と言います。次に通常時も勃起時も包皮に包まれており、亀頭が出ないタイプのものを真性包茎と言います。その他にも包皮の出口が狭いことによって亀頭を出そうとすると亀頭の下が締め付けられ、勃起しても亀頭を全て出すことができないタイプのものをカントン包茎と言います。このタイプは無理に亀頭を出そうとすると包皮が元の状態に戻らなくなり、腫れあがる危険性があります。いずれのタイプも基本的には傷跡が目立ちにくいという特徴がある亀頭直下埋没法で手術を行います。その他には亀頭の下の不要な皮膚を切り取る環状切除法、ペニスの根元の不要な皮膚を切り取る根部切除法、裏筋守りながら行う包皮小帯温存法などがあります。切らずに済む治療方法もありますので、症状に合わせた治療を行うことが大切です。

 

デリケートな部分の治療になりますので、信頼できるクリニックを選ぶことが重要になります。包茎の手術に関しては専門のクリニックまたは泌尿器科で受けることができます。泌尿器科で受ける場合は保険が適用されますが、痛み止めの薬や手術後のケアに関しては別途料金が発生します。一方専門のクリニックだと保険は適用外となりますが、治療費に手術からアフターケアまで全て含まれているところがほとんどとなります。費用的に言えば泌尿器科の方が安くなりますが、専門のクリニックの方が実績数が多く、手術跡が目立たないように手術をしてくれます。どちらを優先するかをしっかり考えた上で選ぶようにしましょう。尚、どちらにも共通していますが、手術を受ける前に事前にカウンセリングを受け、手術や治療内容に対して曖昧な回答をせずに教えてくれるか、院内は清潔かどうかなども確認するようにしましょう。