日本人男性の包茎率は、およそ70パーセント前後だと言われています。

 

日本人男性のうち包茎はどのくらいいる?

 

分野が分野だけに他の医療分野のような正確なデータがないのが玉に瑕ですが、日本に暮らす成人男性の60パーセントから80パーセントは、何らかの形でペニスが皮被りであり、およそ70パーセントという数値には一定の信頼感があります。

 

そして蛇足かもしれませんが、日本人女性のおよそ半数以上が包茎に関して悪い印象を持っており、性病や不衛生なペニスを嫌っているのです。
包茎という言葉を知らなくても、彼氏のペニスが一般的な男性のものとは違っている事は若い女子でも直感的に分かりますし、皮被りによって発生する恥垢や悪臭があれば、性知識に明るくない初心な女性でも「なにか、彼氏のペニスはおかしいわ」と感じてしまいます。

 

ただ、気をつけたいのが決して日本人男性だけが包茎に苦しんでいるわけではありません。
世界的に日本人の包茎率は高いと言われていますが、いわゆる欧米圏においても、70パーセント前後というデータが存在します。
割礼という儀式がある地域、国によっては成人男性の包茎率の減少が見られますが、全体的な平均を取れば、むしろ世界的には70パーセントという数を超えており、日本人男性だけが特にクヨクヨ悩む必要はありません。

 

しかしながら、真性包茎だけは治療が強く推奨されています。
仮性包茎は自然な状態ですが、真性の方は医学的に病気と認定される危険な状態です。
悪臭が常に発生する点、清潔感が保ちにくく皮脂や汗によって常に不衛生、
陰毛や恥垢が蓄積しやすく女性に著しい不快感を与える難点があります。
また性交時に激しい痛みが伴う事もあり、真性のままでは健全な夫婦生活が送れない重大な課題が出て来ます。

 

更には不衛生な状態が続く事で女性、男性共に病気の原因となります。
男性側には性病のリスクが、そして女性は子宮頸がんのリスクが生まれますので、自分自身のコンプレックスが分かり次第、迅速に手術を受けた方が賢明です。